原付廃車手続きHowTo:原付の廃車手続きは意外と簡単?難しい?

原付の廃車手続きのためには、ナンバープレート、登録証明書、印鑑が必要です。
さらに代理人が手続きする場合には委任状なども必要になってきます。

 

ナンバーを登録した所在地が遠いときや、書類などがないときはどうしたらいいのでしょうか?

原付の廃車

原付廃車手続き

「原付(げんつき)」とは、「原動機付自転車(げんどうきつきじてんしゃ)」の略式の呼び方で、「排気量50cc以下の2輪車および3輪車」の原付一種と、「排気量51ccから125ccまでの原付二種」のバイクやスクーターのことです。
ナンバープレートの色や大きさで簡単に見分けがつくようになっています。

 

廃棄と一時使用中止

この原付を古くなったので必要がなくなった、乗らなくなったのでスクラップ処分したい、といったときのように「完全に廃棄してしまう場合の廃車」と「一時的に使用をやめる廃車(その間税金をはらいたくない)」の2種類があります。

 

いずれの場合も、廃車の手続きは登録をしている市区町村の役所の窓口で「廃車申告書」を提出しないといけません。
この廃車申告書に、「標識(ナンバープレート)」と「標識交付証明書」を一緒に提出します。

 

廃車申告書には、標識交付証明書に記載されている所有者の印鑑が必要ですが、これは認印で大丈夫です。

 

廃車に必要な3つのもの

原付の廃車のポイント

つまり、原付の廃車のためには、「標識(ナンバープレート)」と原付の所有者の「認印」、そして「標識交付証明書」の3つが必要なわけです。

 

ここで、原付の廃車手続きをする場所は陸運事務所ではなくて、ナンバープレートが登録されている市区町村の役所が廃車の窓口になることに注意してください。

 

そして、ナンバープレート、標識交付証明書、廃車申告書を提出・返納すれば廃車の手続きは完了です。

 

自分で市区町村の窓口で手続きをすれば原則として費用はかかりません。

まとめ

原付の廃車に必要なものをまとめると次のようになります。
@ナンバープレート
A標識交付証明書(ナンバーを交付したときにもらう書類)
B印鑑(標識交付証明書の名義人の認印)
C廃車申告受付書(役所の窓口に備えてあります)

 

注意点

@スクラップにする場合も一時使用をやめる場合も役所で手続きをする。
A廃車後、自賠責保険の有効期間が残っていれば、その期間に応じて月割で保険料が戻るので、保険会社で手続きをしましょう。廃車をした日からではなく、保険の解約をした日が返金の起算日になるので早めに保険会社に連絡しましょう。
B軽自動車税は返金されません。年度の途中に廃車しても原付バイクの場合は税金の返金はされません。例えば5月に廃車手続きをしてもその年の4月1日が税金の起算日になるのでその年の軽自動車税が課税されます。
C受け取った廃車証は保管しておく。廃車証は廃車手続きをしたときに渡される証明書ですが、廃車した原付を誰かに売ったときなど、もう一度登録するときに必要になります。

古くなった原付、動かない原付、事故車・・・

原付廃車手続き必要なもの

原付を放置したままでお困りのかたはこちらへ!
古くなった原付を引き取ってもらいたいけれど困っている・・・。置いておくと邪魔だし、近所からも苦情が・・・。
でも動かないし・・・、どうしよう・・・。

 

原付廃車手続き費用

そんなときに便利なサービスがあります!動かない原付でも買い取りしてもらえるかもしれません。しかも、原付の状態によっては意外な高値になるかも?

 

だから無料出張買取に申し込んでみませんか?
意外な高値がつくかもしれないですよ!

 

原付の廃車・処分でお困りならこちらへ

原付・バイクを買取ってもらう!
無料出張買取してもらう!
廃車手続もしてもらう!

動かない原付でも引き取りできますか?

原付廃車

もちろん動かなくても買い取り可能です。
どんな状態なのか相談してください。

 

もしもエンジンが壊れているなどの最悪の場合はリユース料が発生することがあるかもしれませんが、納得がいかなければ断っていただいてもかまいません。

リユース料とは

リユース料とは、年式が著しく経過していたり、状態が悪く商品価値が低いバイクを、再流通させるために必要な諸費用を指します。リユース料は、リユース料は、お客様の車両の状態によって金額等が異なりますので、詳細はバイクライフプランナー(査定スタッフ)にお問い合わせください。
例えば、次のような場合です。
年式やモデルが著しく古いなど、そのままでは再商品化(再流通)に支障をきたす場合
エンジンがかからないなど、動力装置に大きな損傷がある場合
マフラーが壊れているなど、基本機関に重大な損傷がある場合
タイヤ・ホイールが壊れているなど、駆動部分に重大な損傷がある場合

それでも邪魔な原付を引き取りしてもらって、廃車手続きなどもしてもらえるのですから、リユース料は手間賃だと思ってもいいかもしれませんね。
まずは無料で自宅まで買い取りに来た査定スタッフに相談してみてください。

おすすめはバイク王!その理由は?

原付廃車手続き

その理由はもちろん「バイク王が一番高く買い取ってもらえるから」です!

 

たくさんあるバイクの買取り業者の中で、「相見積もり(あいみつもり)」を提案してくるのはバイク王だけです。「相見積もり」というのは、競合する業者から複数同時に見積り額を提案してもらうことです。「あいみつ」と略して言いますが、買取り業者からは敬遠されがちな方法です。

 

その一方で「あいみつ」は、原付を売る側にはとても都合がいい方法です。その場に集まった買取り業者が競争するので、自分の原付の価格がどんどん高くなっていくからです。

 

あいみつのメリット

でも同業者と競わないといけないバイクの買取り業者にとってはとても嫌なやり方です。ライバルと同時に買取り価格を競争するわけですから、自分のところが負けるわけにはいかないですから。

 

だから普通のバイク買取業者では「あいみつ」をお勧めしていないところが多いです。バイクの査定に来た人の心象が悪くなってしまうとか、そんなことを理由にしているのですが、実のところは買い取り価格で他社と競争したくないからです。競争すると自分の所が負けたり、たとえ競り勝ったとしても高い買い物になってしまうからです。

 

バイク王の場合

原付売る

でも、バイク王は違います。
電話で査定価格について相談すると「出張査定のとき他の業者さんを一緒に呼んでもらってもいいですよ」と、こともなげに言ってきます。
これはつまり「買取り価格では絶対他社には負けない」という自信があるからです。これは内緒の話しですが「他社と競り合っているときは、多少無理をして高値で買い取ってもいい」というようなことが社内で言われているのではないかと思われます。

 

ここはバイク王がバイク買い取りシェアNo,1(バイク処分者調査2015 年9 月(調査機関:楽天リサーチ))の強みですね。
取り扱っているバイクの量が多いからプラス・マイナスでプラスになっていればいいという強者の論理が成り立っているわけです。

 

廃車の前に相場を調べる

原付の処分

だから、原付の引き取りを考えている人にはバイク王で無料出張買取してもらうことをおすすめします。
もちろん他の業者も一緒に呼んで同時に査定してもらうのがベストです。
「バイク王と他の業者を一緒に呼んで同時に相見積もりしてもらう」これが原付を高く売る秘訣です!

まとめ

@動かない原付でも無料出張買取で査定してもらうことをおすすめ。
A高く売りたいならバイク王。
Bバイク王で売るなら交渉力が必要。
C交渉力に自身がなければ相見積もり。