初日の出ツーリング

元旦の日に初日の出を見に行こうと仲間で盛り上がることがあります。

 

新年を迎えて気分が新たになるのにあわせて清々しい初日の出を見るのは昔から日本人なら誰でも考えることではないでしょうか。

 

それをバイクに乗る人であればバイクで見に行ってみようと思うわけです。

 

もっともバイクで行くと渋滞を避けることができるというのも大きな理由だったりしますけど。

 

いずれにしても元旦の寒い中、しかも日の出を見るわけですから真夜中に出発することになります。

 

寒いのは覚悟のうえですが、寒い中でコールマンなどで沸かしたコーヒーで暖を取りながらご来光を待つのはなかなか楽しいものです。

 

そしてご来光と同時に太陽の暖かみがどれだけありがたいかを感じる瞬間でもあります。

 

バイクで行っているからアルコールが飲めないのがちょっとつらいですけどね。

 

帰りが渋滞していることがあっても脇を抜けて帰ってこれるのが一番いいですね。

初日の出ツーリング関連ページ

雪国のバイクライフ
雪国では冬にバイクに乗ることはできません。もし乗っている人がいたとしたらそれはプロのライダーです。 プロのライダーといってもその多くは郵便局の配達員の方ですね。 どんなに雪が降っても郵便物を届けるのが郵便局配達員の使命ですからスパイクタイヤにチェーンを巻いて雪道を走っているんです。
寒いときのカウリングの効果
寒い時にはカウリングの効果は絶大です。バイクに乗らない人からみると車みたいに暖房が聞いているわけでもないし、カウリングなんてあってもなくても同じでどっちみち寒いのでは?と思うかもしれません。 でも、体が受ける風圧をカウリングがやわらげてくれるのですからぜんぜん寒さが違うんです。