買取価格の決め方

原付バイクの買取価格

人気車と不人気車

原付バイクの買取買取はどうやって決まるかご存じですか?

 

原付バイクにも人気の車種と不人気車種があります。
人気の車種とは、よく売れている原付バイクですし、不人気車種とはあまり売れない原付バイクのことです。
これは当たり前と言えば当たり前ですが、どこでそれがそれがわかるのでしょうか?

 

バイクオークション

これはバイクのオークションの成約価格で決まります。
バイクの販売業者専門のオークションというものがあるのです。
例えば、オークネットバイクオークションやAJオークション、アライAAベイサイドオークションなどのことです。

 

オークションでは、出品台数や成約数、成約率、そして総売上金額や平均単価などがわかります。

 

これらのオークションの結果がインターネットを使って簡単に調べられるのです。
もちろんこういったオークションは、業者専門なので会員になっていないとわかりません。

 

オークション相場で決まる

バイクの買取価格は、これらのオークションの結果からその日の相場を調べてから決まるのです。
車名ごとに車検の期限走行距離痛み具合のよる評価点などから成約価格が決まります。

 

原付バイクも全く同じです。

 

無料お試し査定

原付バイク買取価格

例えばあなたがバイク王の「無料お試し査定」に申し込んだとしましょう。
申し込んでしばらくするとバイク王のオペレーターから電話がかかってきます。

 

オペレーターはあなたの原付バイクの車名走行距離年式などを最初に聞いてきます。
これはあなたがバイクを所有していることを確認するためでもあるんです。

 

そして、標準的な買取価格を教えてもらえますが、これは現在の一番いい状態の買取価格だと言われます。
つまり実際にあなたのバイクを見てみないと正確な買取価格はわからないというわけです。

 

そして「無料出張買取」を強くすすめてきます。

 

無料出張買取

原付バイク買取価格

もちろんですが、ざっくりとあなたの原付バイクの相場を知りたいだけなら無料出張買取に申し込む必要はありません。
でも、正確な買取相場を知りたいときや、価格しだいでは売ってもいいと考えているのなら無料出張買取を申し込みましょう。

 

念のために書きますが、買取価格に納得出来なければ売らなくても大丈夫です。
査定額に満足できないときは、はっきりと「売らない」と断りましょう。

 

さて、無料出張買取に申し込むと小型トラックに乗った査定員が、あなたの指定した場所、指定した時間にやってきます。
小型トラックを見てビビらないように。
必ず売らなくてはいけない、なんてことは全くありません。
正確な買取価格を聞いたら「ご苦労様でした」と言って帰ってもらってもいいんです。
彼らはバイクの買取のプロですから、多少のことではこたえません。

 

査定の流れ

原付バイク買取価格

最初に査定員はあなたの原付バイクの書類を確認します。
続いて身分証明書、この場合は免許証ですね、を確認します。
万が一盗難車を買ってしまったら犯罪になりますから、ここは最初に確認しておくべきところです。

 

自賠責保険が残っているなら保険の証明証、車検のあるバイクなら車検証の確認もします。

 

書類からあなたがバイクの所有者であることが確認できたら、バイクの状態を見ていきます。
ざっと見ながらタブレットの端末にチェックをしていきます。

 

転倒歴などがあってもあなたからわざわざいう必要はありません。
査定員はバイク査定のプロですから、しっかり見つけます。
ときには逆に「こかしましたか?右側ですね」なんて聞かれることもあるかもしれません。

 

買取り価格はマネージャーと交渉

原付バイク買取価格

タブレット端末に入力を完了すると買取りのセンターに送信します。
ここではその日のオークションの相場を把握している担当者がいて、その日の買取相場を知っています。

 

ですから買取価格はオークションの買取価格とリンクしていると考えていいです。
そして肝心なことは、査定員には買取価格を高くする権限はない、ということです。

 

査定の結果提示された買取価格が安いからといって査定員といくら交渉しても無駄です。
査定員を通して買取りのセンターにいるマネージャークラスの人と交渉しないと買取価格を高くしてもらうことは出来ません。

 

マネージャークラスの人は、その日の売り上げがどれくらいなのかを知っていますから、多少無理をしてでも高値て買っても大丈夫かどうかを判断できます。

まとめ

@人気車と不人気車がある。
Aバイクオークションで相場が決まる。
B無料お試し査定は一番良い条件の価格。
C無料出張買取は断っても良い。
D価格交渉はマネージャークラスの人とする。