買取の手続き

原付バイク買取手続き

業者に買取をお願いする場合は、ほとんどおまかせということが多いと思います。

 

おまかせにするなら安心できる原付やバイクの買取専門の業者か実店舗を構えている近所のバイク屋で売るようにしましょう。
原付バイクを売った後のトラブルを避けるためには、バイク王のような大手の買取専門業者か実店舗を持っているバイク屋が安心です。

 

確実に名義変更してもらう

原付バイク買取手続き

買い取りをした後に名義変更をしていないと税金の請求が来ることがあります。
また、名義変更をしないまま新しい持ち主が無保険運行を行った場合には名義人に法的責任が及ぶ場合が考えられるので、名義変更は重要です。

 

また、自賠責保険の名義変更をしていないと、買い取りした後の新しい持ち主が、万が一でも事故を起こして自賠責保険を使うことになった場合に元の持ち主だった売主が保険の受取の手続きをしないといけないというようなことにもなりかねないからです。

 

個人間で売買するときにはトラブルにならないように次のようなことに注意しましょう。

 

原付一種・二種(125cc以下)

原付バイクの場合は、一度廃車手続きをしないと名義変更できません。
この点に注意しましょう。

 

売る側が廃車手続きをして、買う側が登録の手続きをすることで名義変更します。

 

原付バイクの名義変更についてはこちら

 

軽二輪車(126ccから250cc)

軽二輪車の買い取りも名義変更を確実にやってもらえることに注意が必要です。

 

軽二輪車は、書類の手続きだけで名義変更ができます。

 

売る人が必要書類を買主に渡して名義変更をしてもらうことにりますが、認印が必要になるので、買主が書類を一式用意してバイクを売る人がその書類に押印するということが多いと思います。
このときにバイクも一緒に渡すことになるでしょう。

 

買い取り業者に売る時も同じ手続きになります。

 

小型二輪車(251cc以上)

小型二輪車は、車検があるかないか、ナンバーが付いているか付いていないか(廃車されているかどうか)などの場合によって手続きが変わってきます。

 

車検が残っている場合

このばあいは名義変更の手続きだけで買取りの手続きも終ります。
この場合は、基本的に@車検証、A自賠責保険証、B認印、C身分証明書があれば買い取り手続きができます。

 

軽二輪車税納税証明書も必要です。

 

車検がない場合

車検がない場合も、車検がある場合とほぼ同じ手続きになりますが、買った側が車検を取って乗るのが普通ですから車検切れの車検証を用意する必要があります。

 

自賠責保険の名義変更

原付バイク買取手続き

車検証などの登録書類の名義変更には注意していても、自賠責保険の名義変更を忘れている場合があります。
これは個人間売買のときに限らず、買取業者やバイク屋で売った場合でも忘れていることがあるので注意が必要です。

 

自賠責保険の名義変更をしていないと、新しい持ち主が事故を起こした場合に自賠責保険を使う必要が生じた場合に、自賠責保険の名義人が保険を受けるための手続きをしないといけないからです。

 

全く知らない人のために時間をかけることになりますから注意が必要です。

まとめ

@買取は名義変更を確実にしてもらえるようにする。
A名義変更が確実なのは大手の買取専門店か実店舗のバイク屋。
B自賠責保険の名義変更も忘れずに行う。