原付の譲渡手続きについて

原付の譲渡手続き

業者を通さずに個人間で原付バイクを売買することを「個人間売買(こじんかんばいばい)」といいます。

 

売る側と買う側の直接交渉で売り買いをするわけですから、お互いに良く相談して後でトラブルにならないようにしましょう。

 

原付は登録したまま名義変更できない

個人間で商談が成立すればお金と引き換えに名義変更をすることになりますが、原付バイクの名義変更は一度廃車してからでないとできないことを知っておきましょう。

 

最初に売る側が原付バイクを所轄の市区町村の役所で廃車手続きをして、廃車証と譲渡証を買う側に渡すという手続きになります。

 

このとき自賠責保険が残っていれば一緒に買う側に渡すことになりますが、自賠責保険の名義変更も必要になるのでこの点には注意が必要です(後述)。

軽自動車税の払い戻しはない

原付の譲渡手続き

軽自動車税は、毎年4月1日現在の所有者にかかる年払いですから、年度の途中で譲渡しても払い戻しはされません。

 

これは、買った側は翌年度まで税金を払わなくてもいいということです。

 

 

売る人が役所で廃車するときに用意するもの

@標識交付証明書
Aナンバープレート
B印鑑(標識交付証明書の所有者の認印)

 

売る人が買う側に渡すもの

@廃車証(役所で廃車手続きをしたときに渡されます)
A譲渡証明書(譲渡証明書ダウンロード)
B自賠責保険証明書(保険期間が残っている場合)

 

買う人が役所で登録するときに用意するもの

@廃車証
A譲渡証(売る側(譲渡人)の署名・押印がされているもの)
B軽自動車税申告書兼原動機付自転車標識交付証明書(役所の窓口にあります)
C身分証明書(運転免許証、保険証、住民票など登録住所と本人確認ができるもの)
D印鑑(買う側の認印)
E石ずり(原付バイクのフレームナンバーなどを紙にすりとったもの。不要な場合もある)
F委任状(代理人が届け出する場合)

自賠責保険の名義変更について

自賠責保険の名義変更

売る側から自賠責保険を引き継いた場合には名義変更を必ずしておきましょう。
逆に、売る側の人は買う側の人が確実に名義変更をしてくれたことを確認しておきましょう。

 

これは万が一買った人が事故を起こして自賠責保険を使うことになった場合、保険証の名義人が保険の手続きをすることになるからです。
つまり、買った人が起こした事故のために売った人が保険の手続きをしなければならないという面倒なことになるということです。

 

友人同士ならまだしも全く知らない人だったり、仕事上の取引がある人との間で原付バイクを売買した場合などには後々トラブルの元になるので自賠責保険もきちんと名義変更しておくようにしましょう。

譲渡手続きの具体例

原付の譲渡

原付を譲る時には名義変更をします。

 

手続きするところは、市町村役場の市民税などを扱う窓口です。

 

もし、よくわからない時には、案内窓口の人に尋ねれば教えてくれます。

 

原付はいったん廃車する

譲る側と譲り受ける側の住所が同一市町村でない場合には、譲る側が一旦廃車手続きをします。

 

用意するものは、ナンバープレートと登録した時にわたされた標識交付証明書、認め印、(もしあれば)有効期間内の自賠責保険証です。

 

これらを窓口に持って行って、標識交付証明書とナンバープレートと共に廃車申告書を出しますと、廃車証明書が発行されます。

 

書類に捺印してもらう

原付廃車手続きHowTo

もし、譲り受ける側が名義変更する時には、譲渡証明書が必要になりますので、廃車証明書の譲渡証明欄に住所、氏名を書き入れて捺印しておきます。

 

譲る側と受ける側が同一の市町村に住んでいる場合でも、いったん廃車してふたたび登録の手続きが必要です。

 

譲る側が廃車手続きをして、受け取る人に書類と一緒に原付バイクを渡すのがいいでしょう。

 

この場合の書類には、廃車証明書になります。

 

譲り受けた人の手続き

原付廃車手続きHowTo

譲り受けた側が用意するものは、運転免許証など身分が証明できるものと廃車証明書、認め印です。

 

これらを持って住んでいる市町村役場の窓口へいきます。

 

そこに備え付けられている軽自動車税申告書と標識交付申請書に必要事項を書き入れて、持参した書類等と一緒に窓口へ提出します。

 

そうしますと標識交付証明書とナンバープレートが交付されますので、標識交付証明書は大切に保管しておき、ナンバープレートは原付に取り付けます。

 

ここまでは、原則として手数料等はかかりません。

 

自賠責保険も忘れずに

原付廃車手続きHowTo

もし、自賠責保険の期限が切れている時には、標識交付証明書を持ってコンビニなどで自賠責保険に加入します。

 

以上が、原付の名義変更の方法です。

まとめ

@原付は登録したまま名義変更できない。
A譲渡人が廃車手続き。
B譲受人が登録手続き。
C自賠責保険も忘れずに名義変更。

原付の譲渡手続き記事一覧

原付 名義変更

原付を知り合いなどからの個人間の売買によって購入したり、譲渡により手に入れた場合は名義変更の手続きが必要になりますが、この場合は原付はいったん廃車の手続きを行わないと名義変更が出来ないことになっています。市区町村の窓口で手続きその方法としては原付の旧所有者の住んでいる市役所などの役所に行って廃車の手...

» 続きを読む

原付 名義変更 譲渡証

原付バイクの場合、登録したまま名義変更をすることはできません。原付の名義変更をするときには、いったん廃車手続きをしてから、新しい所有者が登録手続きを行うようになります。そのため譲渡証明書などは必要ありません。前の所有者が廃車手続きを行い、書類などを新しい所有者に渡すことで登録することができます。つま...

» 続きを読む

原付 廃車 手続き 盗難

原付バイクのナンバープレートは地方自治体から発行されています。このため新規登録や名義変更、廃車届けなどの手続きは登録してある役場や市役所で行うことになります。警察に盗難届を提出一方でこれらの手続きはバイクが手元にある場合のケースであり、盗難などで手元にない場合には、必ず警察署に盗難届を出す必要があり...

» 続きを読む

原付を売るときに注意すること

原付を売るときにはいくつかの注意点があります。業者を通さずに売ることを「個人間売買(こじんかんばいばい)」といい、売る側と買う側の直接交渉で売り買いをするわけですから、お互いに良く相談して後でトラブルにならないようにしましょう。個人間で売る約束が成立すればお金と引き換えに名義変更をすることになります...

» 続きを読む