原付の名義変更について

原付廃車手続きHowTo

原付を知り合いなどからの個人間の売買によって購入したり、譲渡により手に入れた場合は名義変更の手続きが必要になりますが、この場合は原付はいったん廃車の手続きを行わないと名義変更が出来ないことになっています。

 

市区町村の窓口で手続き

その方法としては原付の旧所有者の住んでいる市役所などの役所に行って廃車の手続きを行います。

 

125cc以下のバイクであれば、所有者が変わった時に行う名義変更は廃車手続きを済ませていないと出来ません。

 

必要なもの

原付廃車手続きHowTo

廃車手続きで必要となる書類などについては、まず印鑑と標識交付証明書または自賠責保険の証書、ナンバープレートとなります。

 

変更前のナンバープレートが同じ市町村の場合でしたら、廃車手続きを省略することが出来ます。

 

廃車の手続きを行う場合は原付の旧所有者がナンバープレートと標識交付証明書を用意して廃車の手続きを行います。

 

一度廃車手続き

原付廃車手続きHowTo

この方法によっていったん廃車となった原付は、今度は新所有者は自分の住んでいる市役所などの役所で名義変更の手続きを行います。

 

旧所有者が廃車手続きを行った際に受け取った書類は新所有者に渡され、これらの書類をもとに手続きが行われます。

 

廃車手続きをした市町村が、名義変更を行う市町村と異なる場合は廃車証明書が必要になります。また旧所有者の押印がされた譲渡証明書が必要となるので、旧所有者とのやりとりでこれらが必要になる場合は手続き前に必ず書類を用意してもらうようにします。

 

自賠責保険にも加入が必要

原付廃車手続きHowTo

手続きが終われば、今度はその原付に有効期限のある自賠責保険がない場合は、コンビニや自賠責保険を取り扱っているバイクショップなどで自賠責保険に加入する手続きを行う必要があります。

 

旧所有者が加入していたもので新所有者に渡った自賠責保険に有効期限があれば、旧所有者から自賠責保険証明書の書類を新所有者が受け取ります。

まとめ

@原付バイクは廃車してから再度登録手続する。
A手続きは市区町村の窓口。
B自賠責保険の名義変更もやること。