盗難された原付の廃車手続きについて

原付廃車手続きHowTo

原付バイクのナンバープレートは地方自治体から発行されています。

 

このため新規登録や名義変更、廃車届けなどの手続きは登録してある役場や市役所で行うことになります。

 

警察に盗難届を提出

一方でこれらの手続きはバイクが手元にある場合のケースであり、盗難などで手元にない場合には、必ず警察署に盗難届を出す必要があります。

 

さらに警察に届け出を出していても、原付バイクの所有権そのものは所有者に残っているため、手元にないにもかかわらず税金の支払い請求が発生しますし、その原付きが起こした事故や駐車禁止などの違法行為などの責任を問われる可能性があります。

 

廃車手続きに盗難届の受理番号が必要

原付廃車手続きHowTo

このためバイクが戻ってくる見込みがない場合には、一旦廃車にしてしまうのが無難です。

 

バイクを盗まれたケースでの廃車手続きの手順としては、警察に行ってまずは盗難届けを出して受理してもらう必要があります。

 

このさいに受理番号と届出日、警察署名を控えて登録してある地方自治体の役場または市役所で処理を行ってもらいます。

 

市区町村の役所の窓口で手続き

原付廃車手続きHowTo

役場または市役所では、備え付けの廃車申告書に必要事項を書き込み、標識交付証明書、印鑑、身分証明書などを用意する必要があります。

 

ただし標識交付証明書は、ナンバープレートと一緒に交付されるため、原付きに載せている場合があり、同時に紛失するケースも多くありますが、原付きの場合にはこの書類がなくても、実際に登録されてあるかどうかを調べた上で受理してくるので、必須の書類というわけではありません。

 

なお、廃車届けが完了すると証明書が発行されます。
この証明書があれば再び登録することができます。

 

自賠責保険の手続きも忘れずに

また自賠責保険の解約は別途で行う必要があります。自賠責保険で先払いをしている場合には残りの残金を月割で返却してくれます。

まとめ

@警察に盗難届けを出す。
A廃車手続きに盗難届けの受理番号が必要。
B自賠責保険の解約も忘れずに。