原付の廃車手続きを代理でやるとき

原付廃車手続き代理人

125cc以下の原動機付自転車や、20ccを超え50cc以下までの3輪以上の原動機付自転車(ミニカー)を廃車にする場合、または他の市町村に住む人に廃車をしてから譲渡する際には、自動車同様に廃車手続きが必要となります。

 

陸運局に登録する自動車とは違い、原付の廃車申請は基本的には管轄の市町村役場で行います。
直接窓口にて申請するか、あるいは郵送による申請となります。

 

必要な書類

必要書類はナンバープレート、標識交付証明書、本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)、印鑑(認め印で可能)です。

 

役場の窓口に置いてある軽自動車税廃車申告書兼標識返納書を記入し、前述の必要書類を提出すれば完了です。

原付廃車手続き代理人

 

決して難しいものでは無く、誰でも可能なのです。

 

代理人に任せることも可能です。

 

代理で手続き

忙しく時間のない親戚や友人からこの手続きの代わりを頼まれた場合、また購入した原付が廃車申請をされておらず、前所有者の代わりに廃車申請をしなければならない場合などは、所有者の代理人としてこの廃車申請を行うことになります。

 

原付廃車手続き代理人

しかし、現実的には原付の廃車手続きは誰でもできるのです。
それこそ認印があってその他の必要書類があれば本人確認はないと言ってもいいでしょう。

 

つまり、委任状はなくても原付の廃車は代理でできる、ということです。

 

原付の名義変更は廃車してから登録手続

原付バイクの名義変更は、登録したままではできません。
いったん廃車してから、再度登録の手続きが必要なのです。

 

これは登録をする市区町村の役所の窓口が同じでも一度廃車しないとダメなのです。
その手続きを代理人がやることもできるということです。

必要なものまとめ

@ナンバープレート
A標識交付証明書(ナンバーを交付したときにもらう書類)
B印鑑(標識交付証明書の名義人の認印)
C廃車申告受付書(役所の窓口に備えてあります)

原付 廃車手続き 代理関連ページ

廃車の仕方
原付 廃車 書類
原付 廃車 委任状
原付の処分
廃車した原付のナンバーを取り直す
廃車した原付バイクのナンバープレートを取り直すときの手続きのやり方です。
中古原付バイクを売りに出す