原付処分に必要なもの

原付処分

原付の処分には、登録されているナンバープレートの返却手続きと、原付バイクを廃棄するための手続きが必要です。

 

この二つの手続きが完了することで、原付の廃車処分が完了したことになります。

 

納税の責任が生じる

ナンバープレートの返却が完了していないと毎年税金を支払わないといけません。

 

また、原付バイクそのものを廃却するためには廃却業者などに依頼することになります。

きちんと処分しないと税金を取られる

そして、ナンバープレートの返却が完了していないと毎年税金を支払わないといけません。

 

原付を処分するためには次の3つのものが必要です。

 

原付処分に必要な3つのもの

(1)ナンバープレート
(2)登録証
(3)印鑑

 

この3つをもってナンバーが登録されている市区町村の役場の窓口にいけば廃車手続 きができます。
この手続きが終わると抹消証明書という書類がもらえますから廃棄業者などに引き取 ってもらうことができるのです。

 

抹消証明は所有者の証明書

原付バイク処分

この抹消証明書は、「この原付の所有者が自分であることの証明書」だともいえます。

 

だから盗難車や持ち主が不明の原付を勝手に処分することは法律に違反した行為になるわけです。

 

原付の処分に必要なもののまとめはこちら

原付を廃品回収などに出してはいけない

抹消証明書がなくても原付の処分を請け負ってくれる業者や、廃品回収業者は盗難車ではないことをきちんと確認してくれるでしょうか?

 

こういった書類の確認などの手続きをきちんとやらない業者に原付の処分を依頼するのはやめたほうが良さそうです。

楽に原付を処分できるおすすめの方法

原付バイクの処分

それはバイク王の買取査定に出してみることです。

 

バイク王では原付の買取が業界で1番多いのをご存知ですか?

 

原付といえどもちゃんとしたバイクですからバイク王で売ることもできるのです。

 

交渉次第で高値査定額

これは買取ができない、処分費用が必要だ、と言われるかもしれませんが、そこは交渉しだいです。

 

原付をその場でトラックに乗せて引き取ってくれて、廃車手続きなど面倒なことも全部もやってもらえてあなたは何もする必要はありません。

 

これで数千円で済むのなら楽な処分方法だと考えてもいいかもしれませんね。

上手に断る方法

原付バイク処分

それでもバイク王の査定担当の人が帰らないでしつこくしてくることがあります。

 

よく考えてみてください。それは、あなたの原付に価値があると考えているからなんですよ。

 

本当に価値がないのならさっさと帰って行くはずです。
バイク王の査定に来る人は一日に何台買い取るかで自分の成績が決まってくるのです。
損をするような買い物をするために時間の無駄はしません。

 

あなたの原付には価値がある

だから、バイク王がしつこくしてくるようだったらあなたの原付に価値があると考えていて、それは交渉次第ではもう少し高く売れるかもしれないという証拠なのです。

 

このあたりの交渉術を冷静に判断することが大切です。

交渉力に自信がないなら「あいみつ」

原付バイク処分

ここまではバイク王が買取価格で有利だということを書きました。

 

でもそのためには強気の交渉力が必要なことも知っておいてください。

 

交渉力が必要

バイクの査定に来る人は毎日何台もバイクの買取交渉をしている人達です。

 

もちろん少しでも安く仕入れることが彼らのミッションです。

 

ですからなかなか簡単には高値で買い取ってはくれないと考えていいでしょう。

 

あなたにそれなりの知識があって口も達者でしっかり交渉できるなら大丈夫でしょう。

 

交渉力に自身がなければ相見積もり

でも、強気の交渉力に自信がない、という人は先ほど紹介した「あいみつ」をおすすめします。

 

バイク王を含めた複数の買取業者に同じ時間に来てもらって同時に査定してもらうのです。

 

こうすることであなたは何もしなくても買取業者どうしが競争してくれるから一番条件の良いところに原付の処分をお願いすればいいのです。

まとめ

@原付を登録したままだと税金が必要。
A抹消証明を渡して廃棄業者に引き取ってもらう。
B廃品回収業者に出すのは要注意。
C処分する前に査定を受けてみる。
D意外な高値がつくこともある。
E高く売りたいなら「あいみつ」がおすすめ。

原付の処分関連ページ

廃車の仕方
原付 廃車 書類
原付 廃車手続き 代理
原付 廃車 委任状
廃車した原付のナンバーを取り直す
廃車した原付バイクのナンバープレートを取り直すときの手続きのやり方です。
中古原付バイクを売りに出す