原付 廃車 書類

原付廃車書類

「原付(げんつき)」とは、「原動機付自転車(げんどうきつきじてんしゃ)」の略式の呼び方で、「排気量50cc以下の2輪車および3輪車」のことです。

 

 

廃車申告書の提出

この原付を廃車するためには、登録をしている市区町村の役場の窓口で「廃車申告書」を提出しないといけません。

 

この廃車申告書に、「標識(ナンバープレート)」と「標識交付証明書」を一緒に提出します。

 

廃車申告書には、標識交付証明書に記載されている所有者の印鑑が必要ですが、これは認印で大丈夫です。

 

廃車に必要な3つのもの

つまり、原付の廃車のためには、「標識(ナンバープレート)」と原付の所有者の「認印」、そして「標識交付証明書」の3つが必要なわけです。

 

ここで、原付の廃車手続きをする場所は陸運事務所ではなくて、ナンバープレートが登録されている市区町村の役所が廃車の窓口になることに注意してください。

 

そして、ナンバープレート、標識交付証明書、廃車申告書を提出・返納すれば廃車の手続きは完了です。

 

自分で市区町村の窓口で手続きをするなら、原則として廃車の手続きには費用はかかりません。

 

原付の廃車の書類まとめはこちら

原付は引き取ってもらえることをご存知ですか?

原付廃車書類

昼間は仕事が忙しくて時間が取れないし・・・。どうすればいいのかわからない・・・。

 

そんな人のために原付の引き取りサービスがあるんです。動かない原付でもリサイクル資源として再利用しましょう。

 

原付もリサイクル

古くなった部品やパーツなどもリサイクルして環境のために役立てましょう。

 

これはエコの時代の基本的な考え方です!引き取りしてもらえれば廃車などの手続きもしてもらえます。

 

税金が戻ってくることもある

廃車すれば税金などの還付も受けられこともあります。

 

しかも、引き取りしてもらうしかないような原付でも買取り額が出てお金になるかもしれません。

 

引き取りの前に金額の見積もりをしてもらえるので大人気のサービスです。

原付もバイクです

原付廃車書類

よく宣伝している「バイク王」のことをご存じでしょうか?

 

バイク王では原付の引き取りもやってもらえるのです。

 

試しにバイク王のサイトを見てもらうと「排気量選択」という欄があります。

 

ここには「50cc以下」という項目が出てくるのです。
「125cc」以下だと原付2種と言われる原付バイクになります。

 

50cc以下というのは原付のことですからバイク王では原付の出張査定・買い取りそして引き取りもやってもらえるのです。

 

原付買取

原付の買取を承っております!
無料で引き取りに伺います!
廃車手続きも代行します!

原付を廃車するときの書類について

原付廃車書類

レベルの低い買取店ほど、原付バイクそのものの知識がないので、分からない事柄を聞いても明確な答えがかえってこなかったり、回答を上手く誤魔化したりするような時がありますが、、このようなお店では極力依頼することは止めましょう。

 

原付バイク買取専門事業者は、ほぼ外注先を使っています。外部委託業者は固定給ではなく歩合給・フルコミとなっているので、出来るだけ多くの原付バイク台数の買い取りをしたいんです。したがって、普通対応レベルは大変良い傾向にあります。

 

世間一般的にオートバイの部品を購入できる店舗は、それほどないものです。であるからして、原付バイクの部品をゲットしたいならば、さしあたってネット通販を利用する方法が、有効的であります。

 

査定士はプロ

原付廃車書類

いざ原付バイク査定士さんに出来る限り高く、見積り査定して貰う為に、まず特に気をつけるべきことが、その場で見えすいた嘘を言うことは言語道断であること。交渉の相手は百戦錬磨のプロ。したがって見え透いたウソなんてきっとバレるでしょう。

 

高価買取を行うことを、売り文句にしている原付バイク買取専門企業が存在しますが、実はどんな原付バイクでも高価買取してくれる訳ではないです。厳格な審査・査定が行われるといった場合も、留意しておくようにしてください。

 

世間では原付バイク保険の情報においては目にすることがあまりなく、比較・検討ともに簡単ではないのが現在の有様です。その際に重宝するのが、ネットで多くの保険会社を比べる方法であります。

 

中古の買取相場

原付バイクの査定

大型の400cc以上の中古バイク買取相場に関しては、人気レベルですとか調子の問題は影響が出ますが、一定レベルであるようでしたら際立って買取価格が下降するような動きはないといえるでしょう。

 

原付バイクを個人間で売買した場合や、ネットオークションを介して買ったという時などは、名義変更の諸手続きをとる必要があるでしょう。提出する必要書類や一連の手続きなどさほど手間がかからないので、自身でとりおこないましょう。

 

昨今におきましてはネットのツールが浸透して、各社の原付バイク保険の比較検討についても容易にできるようになっておりますから、そうした役に立つ保険比較サイトを効果的に使ってみることも重要です。

 

オークションは意外と面倒

原付バイクを売却

オークションを通じての売却額というのは、原付バイク買取専門ショップ以上に上がることがあります。けれども、オークションの参加申込、加えて出品や各手続等々でめちゃくちゃ面倒くさいです。

 

もし売却する際はあなたの原付バイクの買取相場をじっくり掴んで、厳正な金額にて売却しましょう。事故歴がある車やジャンク車・災害車・水没車でも、買い取ってもらえる可能性があるので、できるだけ多数の買取店舗で査定を受けるべきです。

 

目立ったキズやヘコミのある見た目の悪い中古原付バイクの査定を実施してもらう際、多くが必要な修理代の方が案外高くなってしまうので、今ある状態のまま査定した方がいいと思われます。

 

買取相場をしっかり調べる

原付買取

もしマイ原付バイクを売却できたらとお考え中の人は、最低2〜3社の買取事業者にお問い合わせすることを推奨します。どうしてかというと、中古原付バイクの買取価格に関しては、現実取扱い業者の状況により違うからです。

 

通常中古原付バイクの場合、状態の基準項目として大きなポイントとなります全走行距離数は、価格にとっても相当表れてきます。つまり走行距離が多い原付バイクに関しましては、手ごろな価格で売りに出されることになっています。

 

原付バイク買取の専門店のあらかたは、原付バイク修理工場を完備していて、普通の人々が専門店へ頼むよりもすごく低価格で修理することが可能です。したがって傷や凹みに関してはキレイに修理せずにとにかく査定を依頼するようにしましょう。

まとめ

@廃車する前に査定を受けてみる。
A原付でも無料査定してもらえる。
B意外な高値がつくことも。
C査定ではウソはバレる。

原付 廃車 書類関連ページ

廃車の仕方
原付 廃車手続き 代理
原付 廃車 委任状
原付の処分
廃車した原付のナンバーを取り直す
廃車した原付バイクのナンバープレートを取り直すときの手続きのやり方です。
中古原付バイクを売りに出す